倒立するには腕と肩の筋力と可動域!

今回はハンドスタンドについてざくっと。どうしたら倒立ができるようになるのか!!私の経験からではありますが少しだけ。。。 私も最近壁無しで倒立出来るようになり、まだまだ完璧とはほど遠いのですが、倒立のワークショップで教えていただいた事を基本に書いていきます。

ハンドスタンドは色んな事を強化、改善させる必要がある為、今回は腕、肩の筋力と肩の可動域についてざくっと書いていきます。

倒立というと凄く高度で力もいる技!という印象を持っていた私。でもヨガをやっている人のハンドスタンドって凄く綺麗ですよね?!でもそんなにがっちりした体系じゃなくても出来ていますよね⁉

ハンドスタンドは、最低限の筋力は必要ですが、一番重要なのはアライメントです。アライメントがしっかりしていれば、そんなに力を入れなくてもバランスが取れます。アライメントとは、一直線や整列という意味があり、ハンドスタンドでいうと手の上に肩、お尻、足首が乗っている事。これらを整列出来るなら倒立もできるという事です。

最低限の筋力と書きましたが、ここでの筋力とは、腕、肩で自分の体重を支えられる程度の筋力は最低限必要です。でもだからといって自重と同じウェイトをつけてリフティングしろと言っている訳ではありません。私も出来ませんwでも、私が数回行ったワークショップでは、最低でも懸垂3回出来る程度と言っていました。(ちなみに私は一回も出来ませんw)

ハンドスタンドは、どうしても上半身に重点を置いてしまうので、肩の可動域もとっっっても重要です。普段の生活で支障ない程度に肩が動かせても、実際壁に背中をぴったりつけて腕を上げてみると、まっすぐ上には上がっているけど代わりに背中が反ってしまうなんて人は沢山いると思います。

これがどういう影響があるかというと、倒立する際に肩が充分回せないので背中が反って、まっすぐな倒立が出来ないのです。これは私にも当てはまっていて、倒立は出来ているけどまっすぐ立てないのです。

ただ、この肩の可動域を広げる事、結構時間がかかるのです。股関節にも当てはまるのですが、関節系の可動域を広げるのは柔軟性を上げるよりも難しく、筋肉と違って追い込みすぎると故障しかねないし。。。もし故障してしまったら治るのもこれまた時間がかかるのです。

なので、気長にゆっくり伸ばしていかなくてはですね。私も少しずつ伸ばしていっている最中です。

細かいトレーニング方法やストレッチ方法は別の記事でまとめていきたいと思います。

この記事へのコメント