筋トレ初心者の膝の痛みについて

今回はトレーニー初心者あるあるの、関節の痛みについて書いていこうと思います。

私は10年以上運動してこなかったので、関節も運動慣れしていなく、始めの2ヶ月ほどは膝の痛みと戦いながらトレーニングしていました。

今思うとスクワットなどの脚のトレーニングのフォームも悪かったのかもと思いますが、一番はやっぱり、ずっと運動をさぼっていた事が原因だと思います。

筋肉はトレーニングで痛めつけて、それを修復しながら強くなっていくのですが、関節は一度痛めてしまうと修復するのに時間がかかってしまいます

最悪の場合、一生治らないなんてこともあるので充分気をつけなければなりません。

トレーニング初心者だった私は足のトレーニングをした夜は、膝の痛みが強くて。。。しゃがむのも大変でした。

トレーニング最中もポキポキ音がなるのが気になって、一度整骨院に診てもらいましたが、音が鳴るのは今のところ問題はないけど、痛いなら止めるべきとの事でした。

私は筋肉が欲しかったのでトレーニングは続けましたが、脚トレ後はなるべく負担をかけないようにして、膝に負担のかかりそうなランニングやウォーキングも控えました。

人によってはランニングを始めの数ヶ月し、体力をつけたり体重を落としてから筋トレを始めるやり方をしている人もいます。

私は元々ランニングが苦手なのと、体重よりも引き締めたい!という気持ちが強かったので逆の方法になりました。

私の膝はというと、筋トレを続けていくうちに強くなり最近はポキポキ鳴らなくなり、痛みも無くなりました。良かった良かった。

と、いう事で関節も運動を通して強くなっていくんだな!と実感しました。が!

トレーニング初心者は:

バツ1 無理をしない
バツ1 トレーニングする間を空ける
バツ1 焦らず少しずつならしていく

につきると思います。

私は、始めは週に3日ほど筋トレの日にしていました(月曜、水曜、金曜)。それ以外の日はお休みしていました。

私がやっていたトレーニングプログラムは筋トレ以外の日はウォーキングかランニングを45分ほどするとしていましたが、私は膝の事を考えやりませんでした。

今思うと無理しなくて良かったなと思っています。

関節系は本当に大切なので、その時の感情に左右されず、ちゃんと将来の事も考えていたわってあげないといけないですね。

おじいちゃんおばあちゃんになってから後悔しても遅いのでゆっくり、気長にトレーニングしながら、強くしていきましょう!

この記事へのコメント