10ヶ月のダイエット生活を振り返る。

何でもそうなのですが 続ける事が一番効果的で確実な成功の秘訣なんだと実感している今日このごろ。

10ヶ月前までは私がこんなにダイエットやトレーニングを楽しんでいる事、想像していませんでした。当時はとにかくおばさん体系をどうにかしたい!の一心で始めたダイエット。10ヶ月間のダイエットで気づいた事、それは、ダイエットは見た目や食事だけの改善では無い事。ダイエットはしている過程で少しずつ出来る事が増えていき、自信が付き、生活をより豊かにしていけるパワーがあります。。。と私は感じています。

私も少しずつプッシュアップが出来るようになったり、お腹に縦線が入るようになったり、とにかく少しずつの変化を実感しながら、どんなトレーニングが私に必要か、どれだけ普段の食事で一日の気分が変わるか楽しみながら今まで続けていられています。

倒立練習もその一つで、まさか少しでも壁無しハンドスタンドが半年間で出来るようになるなんて想像もしていませんでした。いや、全然成功率は今だに低いのですが。練習を始めた当初は1年はかかると思っていたので自分的には大成功です。

その倒立練習の過程で、ヘッドスタンドやエルボースタンドも息抜きに練習していて、ヘッドスタンドは体幹がある程度あれば、バランス感覚もハンドスタンドに比べると必要なく、コツさえ掴めばすんなり出来てしまうのです。

エルボースタンド(ヨガ名でピンチャマユラーサナ)は結構難題で、今でも100%成功する訳ではないのですが、出来ると格好良いですよね。現状で私のピンチャは完全まっすぐではありませんが日々成長中です。

これから体幹もさらに鍛えて、まっすぐ出来るように練習したいです。そして背中も柔らかくしてスコーピオンのポーズ(ピンチャから背中を反らし、つま先と頭がつくようなポーズ)も出来るようにしたいので!まだまだ練習あるのみです!

このように、倒立だけとっても一つの事が出来るようになると更に上を目指したくなるので飽きないし、生活にメリハリもできますよね。

ボディメイクも同じで、人それぞれ理想の体系は違うのですが、例えば腹筋が立てに割れたら次はくびれをもっと作るにはどうしたらいいかとか、ヒップアップするにはどんなトレーニングが必要かとか、部分やせって実際出来るのかとか次から次へと出てきます。

だから飽きないというのもありますけど、長い道のりなのでモチベーション維持も大変ですね。

ただ、10ヶ月間ダイエットを続けてきて思う事は、メリハリをつけて、ダイエットを頑張る日と好きな物を食べて楽しむ日、もしくは旅行などで普段のダイエットルーティンは出来ないけど、思う存分楽しむ日などを分けると長く続けられます。メリハリが大事なのです。誰もがアップダウンするので、うまい事息抜きしていく事が長続きするコツなんじゃないかと感じています。

でもあんまりにもダイエット休暇期間が長いと戻すのにも時間がかかってしまうので要注意ですがw

この記事へのコメント