Let's go 公園!鉄棒使って背中美人

後ろ姿を気にする女性はきっと自分を客観的に見れる人なんだろうな。。。っていきなりですが! 背中、鍛えていますか?!広背筋は鍛えるとくびれが出来やすくなったり、ブラのハミ肉が引き締まったり良い事づくめですよ!!笑 それに広背筋を鍛える事で姿勢も良くなりやすいので、背中トレして姿勢美人目指しましょ!

とか言う私も最近まで背中をちゃんと鍛えた事がなくて、広背筋に効く筋トレも効いているのかいまいち分からず。。。。なかなか慣れるまで難しいんですよね汗 でも!!今回紹介するローイングをする事で背中、鍛えられます!背中に
効いている事を意識しながらやってみてください☆

難易度低い順に紹介していきます。なお、バーベルを使った方法もあるのですが、今回は鉄棒を使った方法を紹介していきます!バーを使うよりも腰の負担が少ないので筋トレ初心者さんや、腰に不安のある方にオススメです!

バーティカルロー
立った状態で出来るローイングです。
1 両手で鉄棒を掴み(鉄棒の高さは胸辺り)、体を両手で支えるように倒していきます。
2 1の状態から、腕の力で体を鉄棒側に持っていきます。

この際、全体まっすぐを意識して、腕を引く際に肩甲骨を寄せるよう意識しながら体を起こします。肩甲骨を寄せる事で背中に効きやすく、自分でも背中に効いていると感じると思います。

インクラインロー
上記のバーティカローより更に低い鉄棒、もしくは足を更に前に置いて体がさっきより傾いている状態からローイングします。もし近くに鉄棒が無い場合は、しっかりしたテーブルを使っても出来ます。

テーブルの下に仰向けで寝て、テーブルの上の板を掴みローイングします。手が滑らないように気をつけるのと、テーブルがぐらぐらしているようなら止めた方が良さそうですが。

ホリゾンタルロー
名前の通り、体がほぼ床と平行になった状態から行います。鉄棒にぶら下がり、足(かかと)を台に置いて体が床と平行になる状態からローイングします。

ワイドロー
上記3つのどのタイプでも、手を握る位置を広め(肩の幅の1.5倍)にとってするローイングもあります。手の幅狭めより上部広背筋(肩甲骨や肩まわり)に効いている感じがあると思います。

タックフロントレバー
これはぐっと難易度が上がりますが、上記ローに慣れてきたら挑戦してみてもいいですね!

鉄棒に両手で捕まり、足を体操座りのような状態でお尻を肩と同じ位置まで上げます。腕はずっとまっすぐで、つま先はピーンとさせます。(ピーンで伝わるかな汗)

これはかなり筋力が必要ですし、腹筋も必要ですね!このレベルまで来た女性は尊敬します!笑

アーチャーロー
もし上記のタックフロントレバーが出来ないっ!!と言う方は、こちらを挑戦してみましょう。リング(吊り輪)を使うのですが、リングに捕まり足を地面につき(足の位置は前に行けば行くほど難易度高め)、片方の腕はまっすぐ横に、もう片方の腕は肘を曲げて体をリングに近づけます。逆の腕も同じようにします。

ワンアームロー
アーチャーローより少し難しくなるのがこれ。片手だけリングに捕まりローイングします。

タックアイスクリームメーカー
アイスクリームとか可愛い名前がついているくせに可愛くないトレーニングです笑 鉄棒にぶら下がり、そこから地面につかずに上記のタックフロントリバーの状態に持っていきます。タックフロントレバーまでいったら肩が縮こまらないよう、耳から離すようにキープします。数秒キープしたらぶら下がっている状態に戻ります。

タックフロントレバーロー
上記のタックフロントレバーの状態からローイングします。と、言う事は、プルアップみたいに腕で体を鉄棒に寄せたり引いたりするんですね。男性でも出来る人は少ないと思いますが、これまた私の個人的趣味でリストさせていただきました笑

アドバンスタックフロントレバーロー
先ほどのタックフロントレバーローから足の角度を変えて、膝も股関節も90°の状態でローイングします。

今回も初心者さん向けから超上級者さんのロートレーニングを紹介しました。どのローも肩を広く保ち、体を持ち上げる際は肩甲骨を意識して寄せるようにすると凄く効果的です。女性は広い背中なんかになりたくはないと思いますが笑 先ほども書いたようにくびれが出来やすくなったり、背中も腹筋も鍛えていたらバランス感覚も良くなっていきますよ

実は私、体操系の人がするようなトレーニングメニューを参考にこのブログに書いているのですが、上級編は男性でも出来ないようなトレーニングをさらりとここにまとめています笑 なのでもし「こんなの出来ない!私は駄目人間だ泣」と思っていたら(思っていないと思いますがw)全然気にしなくて大丈夫です!自分の出来る事をコツコツやっていくのが筋トレってもんですよね!!笑

この記事へのコメント