HIITのススメ

O型だからか、私は燃焼系のトレーニングが大好きです。HIITなどの筋トレも出来つつ、持久力も鍛えられるような物を私は燃焼系トレと呼んでいます笑

燃焼系というのもあながち嘘じゃなくて、HIITを20分だけでもやるとその後2時間カロリーを燃焼されやすい状態になっているのだとか!確かにトレーニングが終わった後でも体は長時間ぽっぽしています。

HIITとはHigh Intensity Interval Trainingの略で、タバタ式トレーニングでもお馴染みのトレーニングです。決められたトレーニングを順に100%の力を出して短い時間し、少しだけ休憩してまた100%のトレーニングというのを何セットか繰り返します。

例えば:
バーピー
クランチ
マウンテンクライマー
ジャンプスクワット
プッシュアップ
相撲スクワット

を30秒ずつ、間15秒の休憩を挟んで4セット行います。

この例は今適当に上げたトレーニングなのでちゃんとしたプログラムではないのですがw まあこんな感じでカーディオ的な要素をもつバーピーやマウンテンクライマーを間に挟みつつ、ジャンプスクワットやプッシュアップなどの筋トレ系も組み込むのがだいたいのHIITメニューです。

何故私がこんなにHIIT押しをするのかというと、このトレーニング、だいたい20分前後で終わる事ができるのです。筋トレをしていると時間が立つのが凄く速くて、ジムとか行くと特に1時間や2時間気づいたら過ぎています。

なのであらかじめ筋トレ用の時間を予定しておかないとなかなか取り組めません。

それがHIITだと20分ぐらいで終わるのでその後シャワーを浴びても1時間もかかりません。しかも凄くトレーニングした感が味わえて、満足感も得られます。

以下、HIITの利点をまとめました。

短時間で効果が得られる
先ほども書いたとおり、HIITを20分するとその後2時間はカロリー消費されている状態なので、トレーニング後も燃焼し続けます。

持久力アップ
HIITは何種類かのトレーニングを短時間、マックスでするので、ゆるめのトレーニングをするよりも効果的に持久力を高める事が出来ます。そして、持久力が高まったら今度は他のトレーニングをする時に、より高負荷なトレーニングもできるようになるというメリットもあります。

体脂肪燃焼
低強度のトレーニング、例えばウォーキングなどをするよりも、HIITをした方が体脂肪の燃える割合が大きいです。ダイエットといえばカーディオというイメージですが、HIITも効果的なんですね!

あ、でも体重を減らしたいだとか、体脂肪減らしたいという目標を持っている方は、運動よりも食事に気をつける事を私は強くオススメしますが。

短時間で終わる
先ほども書きましたが、HIITは20分程度で終わるのでとっても速いです!時短トレーニングには最高です!なんでも、倍ほどの時間を使った低強度のトレーニングと同程度の効果が得られるみたいです!

心臓を鍛える
高強度のHIITは心臓も鍛える事が出来ます。動脈と静脈の柔軟性を高め、血管も強くなるのがHIITです!

楽しい!
これは個人で分かれますがw 私はHIITが楽しくて仕方ありません。もちろん、高強度のトレーニングだからやっている間は息も上がって汗だらだらですが、それぞれのトレーニングは数秒なので辛いとか、疲れたとか考えている暇はありません笑 休憩はさらに短いので、次にするトレーニングをチェックしているうちに過ぎていってしまいます。

と、いう事で、HIIT大好き筋トレ女子としてはもっと広まったらいいなと願っております。

この記事へのコメント