ストレッチは危険でもある。でもしたい。

私は後屈が苦手です。あ。前屈もそんなに柔らかくないです。笑

でも、筋トレを始めてから少しずつストレッチをしていって1年前と比べるとだいぶ柔らかくなりました。一時期ストレッチのし過ぎでハムストリングスと股関節を痛めた事があるので、ストレッチは気をつけてやっていかないと、良い事も体を傷つけてしまう結果になってしまいます

筋肉をあまり使っていない、もしくはストレッチのみをしていて筋トレはしていないという方法は結構危険なんじゃないかと考えています。筋肉は収縮して力を発揮します。筋トレも、筋肉を収縮させたり負荷を付けてわざと傷つけ、修復の際により強く、しなやかになっていきます。

筋トレをしていない状況でストレッチをすると、筋肉は収縮する力もないので固まった筋肉を無理矢理伸ばそうとしているのです。バレリーナのあのしなやかで柔軟な体は、筋肉がちゃんとついていて動かせるからストレッチも出来るし、そのストレッチも無理なく、1ヶ月で1センチ伸ばすような気持ちでしているのだそうです。

だからペーペーの私たちはまず筋トレで筋肉の収縮が出来るようになってから、少しずつストレッチで伸ばしていくのが理想です。だから筋トレ初心者は特に筋トレ前後はマッサージをする事をオススメします。

フォームローラーを使ってコロコロ筋肉をほぐしていくと稼動域も広がり、筋トレもより効果的に出来ます。

ストレッチをする際は体が暖まっているのを確認してから行いましょう。筋肉が充分収縮出来るようなら、少しずつ伸ばしていっても腱を傷つける事無く、故障を防げます。

そのストレッチですが、前屈をしてハムストリングスやお尻を伸ばしたら、必ず前腿もストレッチします。ハムだけストレッチすると片側だけ伸ばしてしまった事になりバランスが悪いです。

私は後屈の練習をした際はその後絶対前屈をするようにしています。後屈は体の前側をグイーッと伸ばし、股関節や前ももも伸びている感じがあるので(当たり前か笑)、その後前屈をして背中をゆるめ、股関節を休めます。

ヨガもダウンドッグをした後はチャトランガの後、アップドッグやコブラをしますよね。その方が体の前後を伸ばす事になってバランスが良いからなんじゃ無いかなと思っています。

ずらずらを書いてしまいました笑

ストレッチで一回故障した私だからこそ、気づく事があるしこれからは気をつけていきたいです。

故障した際医学療法士の先生に診てもらったのですが、ストレッチ自体そんな効果的なものではないし、やらなくても良いとさえ言っていましたが笑 私はヨガも好きなのでグイーッと伸ばすのが気持ち良いんですよね。

開脚から倒立とかも目標ですし。でも今は朝起きたてだとか、いきなりストレッチから始めるような事はしていません。自分の体の声を効きながら筋トレもヨガもストレッチも、楽しんでやっていきたいです☆

この記事へのコメント