ホエイプロテインの4種調べました!

プロテインでも、いろいろな種類がありますね。ソイ、ホエイ、ガゼインとあり、ホエイプロテインはその中でも身体への吸収が速く、トレーニング直後に取るにもってこいです。

今回はホエイプロテインの事について書いていきます!ダイエットや女性にはソイプロテインがイソフラボンも入っていて良さそうですが、筋トレ女子として、ホエイプロテインは強い見方になりそうです。

ホエイプロテインとは
ホエイプロテインは牛乳から出来ていて、牛乳の乳脂肪などを取り除いたもので、牛乳全体の20%からホエイプロテインは作られます。ヨーグルトやチーズなどを買うと、少し液体がありますよね。あれがホエイです。

ホエイプロテインは筋肉を維持、育てるのに適していて、クオリティーの高いプロテインです。BCAAと呼ばれる必須アミノ酸3つ(ロイシン、イソロイシン、バリン)が他のプロテインより多く含まれているのが特徴です。

これはトレーニングをしている人にのみ良いのではなく、年を重ねた方にも良いです。年を重ねるにつれ、筋肉は弱く小さくなっていきますが、それを遅くしたり、維持したりする事に役立ちます。

ホエイプロテインの特徴
ホエイプロテインは空腹感を和らげ、体内の糖質濃度を調整し、減量に役立つので、ダイエットしている方にも良いプロテインです。タンパク質自体が空腹感を和らげる働きがあるのですが、ホエイプロテインは脂肪もカロリーも少ないので脂身の多い牛肉よりダイエットに良さそうですね。

実はホエイプロテイン、免疫機能の働きを活性化するそうです。そしてラクトフェリンという成分がウイルスから身体を守り、抗がん作用もあるかもしれません。さらにHDL(善玉コレステロール)を増やし血圧を正常に保ち、心臓にも優しいです。

筋トレ以外にも良い事があるなんて驚きです!乳製品にアレルギーがある人は、大体はガゼイン対してにアレルギーがあるので、ガゼインを取り除いたホエイプロテインは乳製品にアレルギーのある人でも飲める可能性があります。

サプリメント
ベネフィットはいろいろありますが、やっぱりホエイプロテインは筋トレをしている人に人気のサプリメントです。先にも書きましたが、他のプロテインより吸収が速いので、筋トレ直後に摂取すると筋肉の修復、肥大に役立ちます。ホエイプロテインと一言で言っても何種類かに分かれているので、自分のゴールに基づいてどれにするか選んでみてください。

WPC:Whey Protein Concentratio/ホエイプロテインコンセントレート
タンパク質 30〜80%
ラクトス  5〜7%
脂肪    2.1〜7.2%

一番人気のホエイプロテインです。下記のアイソレーションよりタンパク質の量は少ないですが、それでも吸収が速く、値段的にもアイソレーションよりお手頃です。

ただ、ラクトスも少し含まれるので、牛乳に含まれるラクトスにアレルギーのある人はお腹にガスがたまったり不快感を残すかもしれません。

WPI:Whey Protein Isolation/ホエイプロテインアイソレーション
タンパク質 90〜95%
ラクトス  0.5〜1%
脂肪    0.5〜1%


次に人気なのはこのアイソレーションです。お値段は少し張りますが、不純物が少なくタンパク質の量も凄く多いです。ラクトスも脂質も少ないのでお腹の調子を気にする事なく、カロリーも気にせず飲めますね。

不純物がないという事は、上記のコンセントレーションよりカルシウムやビタミンの量は少ないのですが、その分タンパク質をしっかり取る事ができます。

WPH:Whey Protein Hydrolyzed/ホエイプロテインハイドロライズド
タンパク質 60%ぐらい
ラクトス   0%
脂肪     0%


このタイプのプロテインは上記二つと比べてそんなに人気は無いのですが(高いし)、ラクトスも脂質も0に近く、タンパク質の量もコンセントレーションとアイソレーションの間ぐらい入っています。

分子がとても小さいので吸収もとっても速いです。それに、BCAAに含まれるロイシンが多く入っていて、筋肉強化を更に助けてくれます。

CFM:Cross Flow Microfiltration/クロスフロウマイクロフィルタレーション
タンパク質 86%
ラクトス   0%
脂肪     1%

こちらもラクトスと脂質の量を極限に抑え、アイソレーションには劣りますがタンパク質含有率の多い種類です。その代わりカルシウムなどの含有量はアイソレーションより高いです。

簡単に4つのホエイプロテインをまとめました。私は一番上のコンセントレーションが値段的にも安くていいかなーと考えています。牛乳アレルギーもないしカロリーも脂質もすっごく多い訳でもないのでこのぐらいがいいかなと考えています。

タンパク質含有量の差がメーカーによってあるのでなるべくタンパク質多めのを使ってみようかなー☆

この記事へのコメント