切実なトイレ事情。

私、便秘なんです。。。。あ、毎朝無理矢理出させるので事実上便秘ではないのですが笑

でもここ最近は時間がかかるし硬いし汗 それでも朝済ませたいのでその為に時間を取っています。

アーユルヴェーダの治療をしにスリランカにいた際は、すっごく快調だったんです。帰ってきて数日はその状態が続き、今では元通りの困難なトイレ事情w

何故!!!!

思い返してみると、私の体質はアーユルヴェーダ上ヴァータと呼ばれるもの。ヴァータは元々ソレが硬いそうで、便秘になりやすいみたいです。

確かに私は小さい頃から便秘体質で、10日出ないとか普通にありましたw今ではそんな事になったら大変な事になりそうですが笑

10日無くて、久しぶりのトイレはすっごく苦痛なんです。一回冷や汗だらだら出て、意識がもうろうとして気絶するんじゃないかと思いました。

あまり人には言えない事情。でも結構真剣に悩んでいる人は多いですよね。

スリランカにいた時はそんな私の便秘事情も改善され、凄く気分が良かったのですが、それは向こうの人がいろいろしてくれてたから。

アーユルヴェーダの治療をするにあたって、私はアトピーと便秘が悩みと打ち明けました。

なので私はマッサージをしてもらったり、薬もお腹の調子を整えるものを出してもらい、食事も管理してもらっていました。

便秘に一番大切なのは、やっぱり食事なんじゃないかと感じています。だってスリランカ滞在中は野菜中心、油っぽいもの控えめ、動物は白身魚ぐらいしか食べていませんでした。

それをオーストラリアに帰ってきて、チキンやビープを食べるようになり、野菜はたっぷり食べますが、お腹がいっぱいになるまで食べてしまうので明らかに食べ過ぎです。本当は50%ぐらいを食事、25%を水分で満たした方がいいらしいんです。

特に感じるのはチキンとビーフ。

脂身が少ないなら健康にも良さそうですが、昼も夜もチキンを食べた日は、翌日のトイレがすごく難しい事に気づきました。

逆に白身魚を昼と夜食べた翌日は、結構スムーズです。

白身魚ってお肉に比べると満腹感味わえないのですが、お腹には優しいんだなと感じます。実際、満腹になるまで食べるべきではないですしね。

でも毎日新鮮な魚を食べるのは難しい。。。オーストラリアは肉より魚の方が高いし、新鮮な魚はマーケットに行かないと買えません。スーパーに売っている魚、日にもよりますが結構古いと思います。。。

身体の事を思って今月からなるべく白身魚を食べようと、マーケットに朝行き、3日分ぐらいの魚を買っているので、この習慣は続けていかなくては!それでも毎日は食べられませんが。

魚に次いでトイレ事情に大切なのは、やっぱり

水分補給は頻繁に、適量を一日に飲むようにする事は健康にも良いし、便秘にも肌にも良いんですよね。どんな高いクリームを使うより、水分補給を気にした方が乾燥肌は防げていると実感しています。まあ、私の場合はアトピーなので成分がシンプルなものしか使えませんが泣

水分補給も朝からおやつぐらいまでの間に頑張った方が、夜トイレに行きたくなる割合が低いので睡眠の質も良くなりますね。あwなんか私、おばあちゃんみたいな事言ってますねw気にしない気にしない笑

と、言う事で、切実なトイレ事情、私なりの解決策は、魚を食べる、食べ過ぎない、水分補給ですね!

この記事へのコメント