みんなでする『あうんの呼吸』はめっちゃパワフル。

ヨガクラスの最中、よく泣きそうになります。特に最初と最後の「あーおーんー」と発声する時。

日本でヨガクラスは数えるほどしか言った事がないし、大昔なので覚えていないのですが汗 こちら、オーストラリアでヨガクラスに行くようになって1ヶ月。インストラクターによってレッスンの始めと最後に発声する事があります。

いつレッスンに行っても結構生徒がいて、こちらの人はうるさい人多いのですが(失礼w)、クラスルームはとっても静かです。みんな真剣に取り組んでいる事が伺えます。

そんな中、座った状態で阿吽の呼吸からレッスンが始まると、一気に部屋の感じが変わって、優しく、でも強く響き、みんなの声が一つになります。インストラクターによってレッスンも少しずつ変わりますが、この発声のパワフルさはどのクラスも一緒です。これってマントラって言うんですかね?そこらへん勉強不足です汗

Freedom to think, welcome to every thought even it hurts you.
自由に考えて。どんな考えが頭をよぎっても迎えなさい。それがあなたを傷つける事でも。


と今日のインストラクターは発声の後言っていて、これまたジーンとしてしまいました。年になって感動しやすくなったかな笑

ヨガと瞑想は切っても切れない関係で、ヨガはアサナを通して精神統一する感じだと思うのですが、最初と最後は少し瞑想しますよね。その時、感情が高まっていればいるほどいろんな考えが頭をよぎります。

仕事の事、恋愛の事、家族の事、今日一日の事。。。などなど。全てが気持ちのよい考えではないですが、『考え』ってただ頭が作っているだけなんですよね。行ったり来たりするそれらをただ観察し、迎え入れ、後を追わない事が出来ると気持ちが落ち着き、バラバラと散らばった感情に一本線が通る感じがあります。

ヨガの最中にする瞑想は短いのでそこまで私は行きませんが、あうんの呼吸をすると、グループ瞑想ってこんな感じなのかなーと感じます。穏やかだけど、パワーがみなぎっている感じ。一人でするヨガや瞑想も良いですが、みんなとするのもいいものです。

でも不思議ですよね。ヨガや瞑想ってインド発祥で、仏様の教えですよね??

オーストラリアはキリスト教が多いし、人種差別は少ないとは思いますが、それでも『茶色い肌』の人達の教えがここまで浸透するなんて。インストラクターもみんな白人ですし、生徒も白人が多いです。もちろん私みたいなアジア人もいますが。あ、インド人は先生にも生徒にもいません。というか見た事がありません。

不思議。笑

みんな真剣に取り組んでいるのは凄く伝わるし、朝6時に教室に来たり、週末のゆっくりしたいはずの午前中に来たりするのは、それだけヨガに魅力を感じているからなんですよね。だからマントラも凄くパワフルで、私も涙ぐんでしまいます笑

ジムでする筋トレも大好きですが、ヨガも大好きです。

今行ってるヨガクラス、1ヶ月メンバーシップ体験なので、もうすぐ期限が終わってしまいます。インストラクターも素敵な人が多いし、いい教室なのでこのままちゃんとメンバーになっても後悔はないと思いますが、アシュタンガヨガ習ってみたいんですよね。。。。悩む。。。。

この記事へのコメント